不妊鍼灸療法で妊娠しやすい体質へ

不妊 子宝 赤ちゃん 治療

ここち治療院に通い、妊娠できる体質になりました。

不妊治療で大切な、心のこと、養生法のこと教えてもらえました。
今まで気づかなかったことばかりでした。

妊娠はあきらめていたけど、ここち治療院に通い始めて
頑張ろうと思えるようになりました。

そんな言葉をいただいている当院の不妊鍼灸治療です。

 

結婚して6年、待望の赤ちゃんを授かりました!!

不妊治療 感想

当院で不妊治療を受けた患者さんが 赤ちゃんと一緒に挨拶にきてくれました。

 

3ヶ月間通い詰めた結果、無事妊娠することができました。

当院で不妊鍼灸治療を受けた患者さんが、赤ちゃんと一緒に遊びに来てくれました。

 

焦りが募る中、心地治療院と出会い念願の妊娠という結果につながりました。

<不妊治療のご報告> new

平成29年9月

現在10名の患者さんが不妊治療に取り組まれています。
すでに4名の方が着床されました。
体外受精の前だけ詰めて来られた方を除き、妊娠したか継続中です

関西で患者さんと共に作り上げた当院の不妊鍼灸治療が、沖縄の方にも受け入れられて嬉しく思います。

もっと多くの悩んでいる方に、治療していきたいと思います。

————————-

10月20日 現在 10名のうち8名まで妊娠報告いただきました。

その後来院されている方も増えたので、その結果もまた報告できたらと思います。


平成29年5月に1件の妊娠報告をいただきました。

当院が奈良から那覇に来て一番初めに鍼灸治療をした患者さんでした。とても幸先が良いですね。

2年以上の不妊状態でしたが、鍼灸治療と体外受精までの気の整え方をおこない、

うまく着床することができました。

もちろん、鍼灸だけで必ず妊娠できるとは言えませんが、着床を確率をあげていく

子宮内環境の改善が大切です。

当院の方針としては、クリニックとの併用で西洋薬つかっていても大丈夫です。
体質に合わせた鍼灸・整体・養生法・漢方蒸し。
一人一人治療内容も異なりますので、まずは体質診断をお受けください。


不妊治療を始めるきっかけ(院長体験例)

私の家族も不妊治療をしていました。

結婚してから2年を迎えようとするのに、

子宝にめぐまれませんでした。

そろそろ赤ちゃん欲しいね、なんてことを話しても

現実はそうはさせてくれない。

高温期が下がった時の、なんとも言えない絶望感。

次は、妊娠するだろうか?

じりじりとした不安が覆いかぶさる。

そして、またできない。

何が悪いのだろうか?

鍼灸師として、原因はうすうす気づいていた。

体のココとココがもっとこうなれば、良いのにって。

そう思ったときから、我が家の不妊治療が始まった。

仕事から帰り、食事を済ませたあと、夜な夜な鍼灸治療がはじまる。

妻は鍼が苦手なので、細い鍼や刺さない鍼、お灸を中心に行った。

この時は、まだまだ不妊治療ということの知識も乏しく、
試行錯誤の時ではありました。

「なんか最近体調がよい」

 

この言葉で確信めいたものがありました。

いけるんじゃないか?

その数か月後、予想通り無事妊娠することができました。

結局、病院には通わず、自然妊娠ではありましたが、

お互い少しばかりの努力はしたかなーと思います。

現在は、二人目にも恵まれ、慌ただしい日々を送らさせていただいています。

妊娠率を上げる体質改善がポイント

体質改善といっても、どういうこと?

まずは、自分の体質を知ることです。

妊娠しにくい方は、少なからず原因はあります。

  • ストレス
  • 冷え
  • 虚弱
  • 水の滞り
  • 血流量の低下、血流の滞り

などなど東洋医学からの観点から見ても実に多くあります。

西洋医学でも女性ホルモンのバランスが悪いことで

  • 排卵の問題  卵が育たない、育っても排卵できない
  • 卵管の問題  卵管が狭い、詰まっているなど、受精卵が子宮へ行けない
  • 子宮の問題  子宮内膜症で卵の発育障害、排卵障害。子宮筋腫、内膜ポリープ、内膜炎で内膜が厚くならない
  • 男性の問題  正常な精子の産生不能
  • 頸菅の問題  頸菅粘液の産生が質的・量的に障害されている
  • 免疫の問題  精子に対する抗体が、女性の体内にできる
  • 社会的な問題  仕事による過労や時間的に忙しく排卵に合わせて性交ができていない

 

投薬治療を中心に、体を整えたりする薬物治療が行われると思います。

しかし、着床しない。。。

薬や、人工授精、体外受精をもってしても結果が伴わないことがあります。

原因は、わからない。

これからどうすれば良いのか(+o+)

そういう経緯でお悩みの方が、ここち治療院に来院されます。

当院では、まず自分の身体を知ってもらうことから始めます。

中には、今までやってきたことが間違っていたことに気付かれる方も多いです。

 

施術内容

当院では、中医学式の診断法にもとづき、みなさまの身体を分析します。

なので、体質により治療方針や治療内容が異なります。

たとえば、

  • 冷えの方はお灸中心
  • ストレスの方には鍼中心
  • 血流に問題のある方は、そのツボの治療
  • 骨盤の歪みや脳の働きに問題がある方はその治療

体を改善していくためには、全身治療が基本です。

一人一人に必要な治療やツボは違います。
その方に応じたツボを全身から探していきます。

※不妊症に効くツボはないと思ってくださいね。

お一人お一人にあわせることで、体質が改善していくのです。

虚弱体質の方が、自分の体質を分からずに、一生懸命運動している方もいます。
この体質の方は、体力の回復に努め、激しい運動は逆効果です。
熱がこもっている方が、冷えが悪いからと、体を温めすぎている方もいます。
体質が分からないとセルフケアも間違えること、ピンポイントでないことがあります。

来院のペースと期間

体質改善にかかる期間は3~6ヶ月を目安に通って頂いております。

週一回の治療が基本となり、体質や体調によって変動します。

当院の平均着床治療回数は、15~6回です。

体が変わりやすい体質、ストレス性の体質などはもう少し早くに変化が出ている気がします。

 

多くの体質改善には、結果として血液が変わることが大切になります。

卵子を育てるための黄体ホルモンも、脳から血液をとおして卵巣に運ばれます。

着床のために卵子をキャッチする子宮内膜も血液です。

血液の成分である赤血球は約4か月、白血球は約6か月で
全て入れ替わります。

6か月ほどで体質が変わっていくことになります(個人差はあります)

 

 

妊娠しやすい体へ 組合せ

鍼灸整体治療で、根本の脳へのホルモンバランスを整えるようスイッチを入れ

骨盤内に血液をたくさん運ぶようにしますが、

骨盤周りの局所の対策も行うとより相乗効果が得られています。

骨盤矯正・・・・ 骨盤が歪み、子宮がねじれを解消し、流れを良くします。

鍼灸整体治療をベースに、こちらは月1、2回くらいが目安になります。


患者さまのご感想

妊娠 不妊

 

 

最後に

時には、

  • いつになったらゴールが。。
  • 本当に妊娠できるのだろうか。。
  • もうお金が厳しいよ。
  • 体質改善なんて私にはできないかも。
  • 仕事に復帰しないといけない。。
  • 誰とも会いたくない。。

そんな不安を感じることもあります。

着床結果が出ないのは、辛いことだと思います。

頑張りすぎるのは良くありませんが、

あきらめず平常心で取組み続けた方が

40歳前でも妊娠してきたのも事実です。

 

女性が妊娠できる期間には、制限があります。

今からでも心地治療院の妊娠しやすい身体づくりに取り組んでみようと思われるなら、

当院は、全力でサポートさせていただきます。